【エレクトーン】わずか4年で交代した Hシリーズの王様HX-1

おすすめ記事ピックアップ

0: エレクトーンちゃんねる 投稿日:2015/10/13 08:29 ID:hw777
HS時代のステージアモデルとしてのHXシリーズ。一般的にはHX-1が知られているが、それぞれのユニットをバージョンアップする形態で販売され、HX SYSTEM1というのが正式な名称(総称)とも言える。
HX Series 1987年発売
同時に発売されたHSシリーズとは「H」が同じだけで上位互換性もなく、操作性も全く違ったものとなっている。
◇ソロ鍵盤がないステージモデル◇
FXまでのステージモデルで一番目につくのが3段鍵盤の一番上、ソロ鍵盤であった。HXシリーズ以降はソロ鍵盤は廃止され、ソロ用の音色群を設定して、通常演奏とソロ演奏を切り替えるようなシステムがとられるようになった。
◇液晶画面が登場◇
パネルに液晶画面が搭載され、HSシリーズのマルチメニューの内容はここで操作できる。が、いかんせん、表示領域が狭く、操作性には優れているものとは言えるものではなかった。音量等のレバーが廃止されたのはHSシリーズと同様。
エレクトーン界に全く新しい概念が入ってきたと言っても過言ではないHX/HSシリーズ。その割には、次のELシリーズの登場までは4年であり、さらに上位互換性もなく、次機種との互換性も全くないという、場つなぎ的な機種だったのだろうか。バブルの最後の時代、新しい機種を発売すればある程度売れていったのだろうが、教える側も学ぶ側も販売戦略には疑問を提示せざるを得ない。
まして、エレクトーンのコンクールに出るとなれば、HS-8で出場してどんなに頑張ってもHX-1の演奏者にはかなわないという声も多かった。上位互換性さえあればこのような努力が水の泡に終わることもなかっただろう。
次の機種がELシリーズである。エレクトーンだから「EL」と来たわけだが、そうなると、完成型に近いという意味を感じられる。当然、ELシリーズの開発を進めながらHX/HSを世に送り出していたわけで、多くの人材がエレクトーン界から離れてしまいかねない事件と言っても過言ではない。

by anlynes

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)