ELSシリーズの選び方~スタンダード/カスタム/プロフェッショナル

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

0: エレクトーンちゃんねる 投稿日:2015/10/13 08:29 ID:hw777
ELSシリーズは、スタンダードモデル、カスタムモデル、プロフェッショナルモデルの3種類からなり、現在のELS-02シリーズでは、それぞれ3種類のモデルが発売されている。
前ELS-01シリーズもほぼ同じ展開で、細かい点ではUSB外部出力がついているかどうかの違いはあるものの、シリーズの展開はほぼ同じである。
スタンダードモデル
 ELS-02、ELS-01U、ELS-01
カスタムモデル
 ELS-02C、ELS-01CH、ELS-01CU、ELS-01C
プロフェッショナルモデル
 ELS-02X、ELS-01XU、ELS-01X
プロフェッショナルモデルは、ELシリーズまでのXモデル(ステージモデル)で、上下鍵盤がフル鍵盤61鍵、足鍵盤が2オクターブ37鍵のモデルである。金額的にも家での練習用に購入することはほとんどないと思われるが、上級のコンサート等に参加する場合はお目にかかることも多くなる。
スタンダードモデルとカスタムモデルの違いは、代表的なものとしては、音源(VA音源、フルートボイス)と、2ndExpresshionPedal、鍵盤種の違いである。
このうち、VA音源やフルートボイスについては、特にELS-02シリーズで追加されたS-ボイスを考えれば無視できるレベルとも言える。
一方、2ndExpressionPedalと鍵盤種の違いがあることにより、表現力に違いが出てくる。鍵盤種の違いとしては、鍵盤を横に動かすことにより音程を揺らすことのできる鍵盤(ホリゾンタルタッチ)であるが、元は2ndExpressionPedalで音程を動かしていた経緯もあるが、いずれにしても、この機能はスタンダードモデルでは非搭載ということになる。
ELSシリーズの特徴の一つとして、バージョンアップができることがあるが、これにより、スタンダードモデルからカスタムモデル、カスタムモデルからプロフェッショナルモデルへ、ユニットを交換することで進化させることができる。また、01シリーズから02シリーズへのバージョンアップ(バイタライズ)も可能で、こちらもユニットを交換することで、最新の音源を手にすることができるようになる。
1つの判断としては、2ndExpressionPedalを使うかどうかが大きな分岐点であり、使用しないのであれば、カスタムモデルを手にする必要もないという考え方もある。
ここでは言及していないが、ステージアMini(ELB-01)については、全く別のシリーズと考えたほうがよく、バージョンアップも非対応であるため、この点、購入には慎重になる必要がある。

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)