エレクトーンの下鍵盤でもリードボイスを使って別のパートを表現してみるwww

おすすめ記事ピックアップ

0: エレクトーンちゃんねる 2016/03/08
リードボイスの転用2
~リードボイスを下鍵盤に使う~
リードボイスが2つある時点で、下鍵盤で利用するのもずいぶん
簡単になった。下鍵盤がメロディになる場合も、下鍵盤にリード
ボイスを適用すれば、上鍵盤と同様に使用できる。
ただ、一時的にメロディパートを弾く以外は、普通は伴奏、という
か、コードを弾くことが圧倒的に多くなる。伴奏の一部として、
カウンターメロディを使うのであれば、下鍵盤のリードボイスも
生きてくる。リードボイスを使うということであれば、コードの
中のカウンターメロディであっても、コードの一番上の音を使用
することになる。
上記とは逆に、カウンターメロディを先に考え、その下位の音に
コードをくっつけるという方法も十分あり得る。旋律を先に確保で
きるので、幅が広がってくる。
また、リードボイスを下鍵盤に宛がえない場合も、ペダルボイス
から下鍵盤の発音を選ぶこともできるので、上鍵盤用でリードボイ
スが塞がってしまう場合でも、使う手段は残されている。
リードボイスに適用する音色は原則として1つではあるが、ストリン
グスなどの重厚間のある音色や、オクターブの音を含む音色を使用
することで、ソロの音色でありながら、ソロ音ではないように見せ
かけるといった使い方もできる。
また、リードボイス1,2を上鍵盤で使用している際に、ペダルボイス
を下鍵盤用として使用することも可能である。

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)