【エレクトーン】STAGEAが10年の歳月を経てELS-02シリーズの新しい息吹

おすすめ記事ピックアップ

0: エレクトーンちゃんねる 投稿日:2015/10/09 08:29 ID:hw777
前ELS-01シリーズ発売から10年、ようやくにして次のバージョンとなるELS-02シリーズが発売された。

ELS-02 2014年発売
ELS-02C 2014年発売
ELS-02X 2014年発売

今回の最大の注目点は、ユニット交換により、ほぼ同じシステムを実現できることで、新モデル発表のたびに新機種を買うのではなく、エレクトーンのユニットのみを交換するだけでいいという点。ELS-01シリーズでも、同シリーズ内のバージョンアップはあったものの、後継機とのユニット交換などについてはうわさがささやかれていたが、これが実現するかたちとなった。

◇スーパーアーティキュレーションボイス◇
アコースティック楽器の音を自然に再現するAEM技術を使用した「スーパーアーティキュレーションボイス」が採用された。管楽器の演奏のレガートやスタッカートといった奏法、ギターと指の摩擦音、サックスのブレス音などのアコースティック楽器特有の奏法を、鍵盤タッチで演奏にあわせてより自然に表現することができるようになった。
また、フルコンサートグランドピアノCFXの音をサンプリングしたピアノを始め、多彩なボイスが充実し、演奏の幅を広がった。

◇レジストレーションメニューの拡張◇
最新の音楽シーンに対応できる豊富なリズムを搭載し、レッスンなどで活用できるシンプルリズムやメトロノームパターンも追加された。

◇レジストメモリーの拡張◇
レジストメモリーや、ユーザーボイスをこれまでの5倍に拡大できるレジストバンクの機能が追加された。これにより、使用してUSBメモリとのデータの行き来なし(ネクストレジスト機能)に、80のレジストメモリーでの演奏に没頭できるようになった。

◇ELS-01シリーズとの互換性◇
ELS-01シリーズで作成されたレジストレーションや演奏データは同じように再現が可能。また、パネルスイッチや鍵盤のタッチなどはそのまま継承されているので、操作感が変わることはない。

by YAMAHA Corp

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)