【音楽理論】コードは中途半端に勉強するとかえって邪魔になるとえらい人がいってたwww

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

938: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 11:38:44.91 ID:ez0TZZFE
コードは中途半端に勉強するとかえって邪魔になるとえらい人がいってた。

939: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 16:25:04.28 ID:FYfcrw0C
>>938
そうだよ。一つのコードをツーファイブにやたらわけたがったり、代理コードや、ノンダイアトニックコードをやたらつかいだす。
何がまずいかというと、その小節単位、コード単位で「理論によると大丈夫なおしゃれな響きの音」をつかいだす。
で、そんなやつが曲できたってもってきたのをきくと、フランケンシュタイン的旋律で大きな流れを見失ってしまってるヤツが多い。
音楽理論なんて、曲ができたあとの理論武装の道具に使うもの。曲を作るために勉強するもんじゃない。

940: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 17:27:52.55 ID:WjDbnvBN
>>939
フランケンシュタイン的旋律ってどういうことですか?
そんな曲があれば参考に聞いてみたいです

941: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 17:44:19.57 ID:Q0OrFajx
都倉俊一ですね
弟子が作ったメロディを歌詞に合わせて適当につないだものです

942: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 18:05:04.33 ID:zukF8XMv
>>939
ジャズ屋あがりのアレンジャーにありがちですね。
経験的にも作編曲の段階で使って良い理論は抑制的なクラシック理論を基礎にしたほうが良いと思います。
なんでもありな理論を適用すると軸のない音楽になってしまうから、後付けの解釈が必要な時だけ自由度の高い理論に照らし合わせて「ここはこういう理屈でOK」としたほうが良い感じ。
このスレ的には異論があるだろうけど制作する時の考え方としての話ね。

943: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 18:09:56.87 ID:WjDbnvBN
>>942
すみません質問があるのですがクラシック理論とはつまり「楽典」のことでしょうか?

944: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 18:18:57.18 ID:Q0OrFajx
だいたい古典派からロマン派にかけての作曲法で、シューベルトやチャイコフスキーのイメージだよ
小品なら現代でも通用する
ジャズでもブロードウェイよりもジョビンやピアソラのような南半球に可能性が多い

945: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 22:15:18.40 ID:WC/4Onn9
>>943
楽典は理論じゃないです。
あくまでも理論を勉強する前の「予備知識」が楽典。

946: ドレミファ名無シド 2013/12/19(木) 22:21:50.91 ID:WjDbnvBN
>>945
ありがとうございます。
それでは理論の前に楽典を勉強して
古典音楽理論を勉強した方がよさ気ですかね?
古典音楽理論はいわゆるクラシック理論であってますよね?

949: 945 2013/12/20(金) 03:10:20.32 ID:335TC7RH

>>946
別に古典にこだわる必要はないよ。

やってる曲がクラシックから古典音楽理論(と言っていいのかどうか分からないけど、対位法や和声なんかは946さんのイメージする古典音楽理論になるかな)でもいいけど、
そうでないなら始めはコードやスケールの基礎理論あたりからが普通だと思う。

もっとも、楽典ひと通り理解できたら、そこら辺はすぐに理解出来ると思うし、次に自分が何を勉強したらいいか、の指針も見えて来るよ。

逆に楽典レベルが理解できてなかったら、何度も言うけどとんな初歩的な理論やろうとしても、理解に膨大な時間がかかるよ。

引用元 : http://www.logsoku.com/r/2ch.net/compose/1384904379/

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)