一般の音楽理論のほとんどは帰納的に構築されたものだが例外もあるw

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

396: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 02:05:48.52 ID:G8R3/fUR

一般の音楽理論のほとんどは帰納的に構築されたもので言い換えれば「コツ集」だが
一部には演繹的考え方で生まれたものもある。12音技法、ピタゴラス数列などから
構築した理論、ポリモード、シンメトリカルスケール、ミラーコード、コルトレーンチェンジなど
いくつもある。なので、全てが帰納的というのは間違い。

ただし、ほんとはジャズがやりたくてジャズの超初心者なのに一般的なジャズ理論をすっとばして
ききかじったクラの豆知識で独自の理論をえんえんと述べる人達が現れる。

398: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 05:28:19.25 ID:ZqHfTkbG
仮に音楽を人間が聴くための音、と定義するのなら、
理論の内部に聴覚特性を組み込まない限りそれは音楽理論ではなく音波理論ではないのか

406: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 23:46:48.77 ID:Sltqrz4M
>>398
へたすりゃ好みの違い以上に個人の聴覚特性に差があるんじゃないか?
年寄りになると地獄耳になるとか俗説もあるが
他人に聴こえないものを敏感に感じ取ってる人がいるのは間違いないからな

399: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 05:40:17.65 ID:DJwhk0x9
それは丁度、知覚と認知の違いであるように
音と音楽にもまた違いがあるだろう
その違いが何か
これも人が考え表現した時には、どこから「音」か、どこから「音楽」か、わからなくなりそうだ。

401: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 18:14:51.83 ID:PAXgOQAY
方法論を売るのって人格者じゃないと無理か?
技術書書く知識ないから面倒だわ・・・
ライブチャットみたいなのがアダルトじゃなくてあればいいよな

467: ドレミファ名無シド 2013/10/22(火) 00:40:47.36 ID:/unoLZ08
>>401
技術書とは違うが
学術書なんかは例えば、たとえ自分でまとめたあるテーマの調査結果でも、過去に同等の事柄を発表してる人がいないか
遡って調べなきゃいけないからな。ちゃんと引用としないとまずいだろうし

489: ドレミファ名無シド 2013/10/25(金) 04:33:15.01 ID:/jbNzpi6

>>467
なるほど・・・意見ありがとうございます。
学術書というほど大げさなものではないと思うんですが。
自分としては作曲スケッチ法みたいなものです。
やる場合は、まず無料で、初級者向け音楽理論からはじめたいと思っています。
そこで再生数が稼げないようであれば、諦めがつくというものです。

実際のプロの曲を解説しながらだとわかりやすいのですが、著作権が絡んでくると思うんで難しいですよね。
自分と似たような考え方をする人は、結構いる気がしますし、思想の一部をサイトで発言してる人もいます。
ただ原理に近いことだと、いわゆる茶番にならず儲からないので教える人がいないのかなと思ったりしています。
もちろん、実際のところこれだけで作れるわけではないのですが、知ってると知っていないでは泥沼の差があるような気がします。

492: ドレミファ名無シド 2013/10/25(金) 16:59:29.61 ID:/jbNzpi6

>>490
ありがとうございます。
ただ、お金を取る場合は、曲の一部であっても無理だと思うのですが・・・
曲のタイトルを言うだけなら大丈夫なんでしょうかね・・・

>>489
最近間違え多い・・・大丈夫か
訂正 泥沼の差→雲泥の差

402: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 19:33:14.02 ID:4sNPonZT
なかなか読み応えがあるな。どんどん議論してくれ。
その中で淘汰されて生き残ったのが意見が理論になる。

407: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 23:50:09.08 ID:Sltqrz4M

そもそも音楽理論として打ち立てられているものは
全ての聴覚的健常者に共通する可聴域での音を扱っているわけだから
人間の聴覚特性を扱うことが音楽にとってさほど意味はないんじゃないのか?

むしろ受容側に与える心理的とか生理的とかの作用を考える方が
ずっと有効な気がする

408: ドレミファ名無シド 2013/10/05(土) 23:53:17.19 ID:Taa63HH/
差音と加音、音程根音やミッシングファンダメンタルの話は荒れそうだな

410: ドレミファ名無シド 2013/10/06(日) 01:12:43.75 ID:X8BTZsvn
聴覚特性といっても、余程特殊な事柄を除けば、所謂音楽理論には既にくみこまれているようなもんじゃないのか?

411: ドレミファ名無シド 2013/10/06(日) 01:17:37.01 ID:X8BTZsvn
それともサウンド(音色)の方面なんかは研究や一般化の余地があるのかな?

412: ドレミファ名無シド 2013/10/06(日) 01:31:42.12 ID:J0Pxmv5U
なくはないだろうがそれは音色そのものに関する技術的な理論で
音楽の理論とは言えんだろうな

引用元 : http://www.logsoku.com/r/2ch.net/compose/1370563446/

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)