CM7の9th11th13thがレファラだと知った時は感動したwww

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

589: ドレミファ名無シド 2013/05/03(金) 18:32:02.26 ID:W5wRfDK2
最近、音楽理論勉強しはじめたんだが
寝る時間ももったいないくらい楽しい

590: ドレミファ名無シド 2013/05/05(日) 13:33:41.61 ID:MFxlxskx
俺にもその楽しさを分けてくれ

591: ドレミファ名無シド 2013/05/05(日) 16:56:22.08 ID:9LwCz3YT
そもそも音楽が好きじゃないんでない?

592: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 07:20:01.90 ID:FqtEBaqq
CM7の9th11th13thがレファラだと知った時は感動した。

593: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 07:22:53.83 ID:dqVutJ4W
え?

594: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 08:08:48.02 ID:FqtEBaqq
ドミソシレファラ。ピアノで弾くと全部白鍵なんだ。
そしてオルタードテンションは黒鍵。

596: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 10:12:45.97 ID:WPqZwDtX
CM7にラの音は特に調和する
もっと耳を鍛えなさい

598: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 10:37:55.40 ID:JbmUWa14
>>596
確かに13thをメジャーコードに含めて紹介してるサイトもある
でも普通それは6thだよ
少なくとも理論書として有名な北川拓の「ポピュラー音楽理論」には13thはメジャーコードに含めないと説明してある
俺が教わった学校で使った教材でも同様だった
ただし他のジャズ系の理論書では13thもメジャーコードに含めてるものもあるのは確か
その辺は分析の違いによるものだと思う

600: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 11:13:28.97 ID:Mz7pbGY0
>>598
CM7(13)なんてよく使うよ。ルートの上にB-E-Aって4度積みするだけだし使い易い。

602: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 11:17:09.65 ID:JbmUWa14
>>600
よく使うのは知ってる。俺もよく使うし
でもわざわざ13thとしてあつかわなくても6thで説明できるじゃないか
っていう考え方なんだと思う一般的には

603: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 11:35:19.95 ID:Mz7pbGY0
>>602
6thじゃ説明できないよ。M7と6はどちらもコードトーンであり排他的だから。テンションの考え方の基本中の基本だ。
CM7(13)はあるがC6(M7)は概念的に存在し無いのだ。

605: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 11:53:48.43 ID:JbmUWa14
>>603
じゃあ北川拓の「ポピュラー音楽理論」が間違っているのか?
俺も教えて欲しいわ
でも俺はM7はコードトーンではなくテンション派だな

606: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 12:00:18.27 ID:WRx2IJPW
どっちゃでもいいと思うけど、
メジャーコードやマイナーコード上でM7th→6thって動かすとテンションリゾルブっぽく聞こえる。
従っておいらは605氏と同意見と言ってみるテスト

607: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 12:12:05.29 ID:WPqZwDtX

6がコードトーンでM7はテンション
ビバップスケールで考えるとそうなる

あんまり興味ないが

608: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 12:23:09.88 ID:Mz7pbGY0
>>605
ということは北川氏の本は読んだことないが、その北川氏は、現在一般的なバークリー式とは違うようだ。
まあ演歌やフォークやメタルの世界ではM7やm7をテンションとしても困らないとは思うが、
ジャズやR&Bまで対象とするといろいろと説明が難しくなるだろう。

609: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 12:23:13.94 ID:FqtEBaqq
9以上がテンション。
9未満は非テンション。
よって6とか7はテンションではないと信じています。

611: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 12:41:46.87 ID:JbmUWa14
>>608
ちなみにC6(M7)はC6maj7として説明されているな
でm7はテンションじゃなくコードトーンとして説明されている
maj7からテンションあつかいになってる
ここは注釈としてmaj7もコードトーンする理論書もあると書いてあるが
でこの人は完全なジャズ畑の人

612: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 12:57:08.91 ID:JbmUWa14
>>607
やっぱり昔のビバップの人はそうなのかな?
俺が勉強した(させられた)教本もバップフレーズ満載だわ
まあ間違いじゃなくて解釈の違いだと思っとくよ

613: ドレミファ名無シド 2013/05/06(月) 13:11:58.62 ID:Mz7pbGY0
>>611
その本は一般的なバークリー式のジャズ理論とは違うようだ。
>>610
b5はコードトーンで#11はテンション。
慣例的にいろんな表記や誤用があるが、厳密には単純な話だ。
各種長短スケール上に3度ずつ4声に積んでいってダイアトニックコードを作り、コードネームを読みとる。b5と表記すべきコードがいくつかできるのがわかる。
全ての4声ダイアトニックの上にさらに2つ積むと#11になるのが出てくる。こちらが#11。下方にP5があればP5と#11が共存可能とわかる。
あと、b5や#5が現れる別の例はクリシェで、C-Cb5-C-C(#5)-C6のように一つの声部を動かして一時的に現れるb5や#5の例がある。
人口スケールのホールトーンスケールに3度ずつ積んでいくことでも7b5が現れる。これを利用し、II7(#11)のところにホールトーンを当てる曲例がある。

引用元 : http://www.logsoku.com/r/2ch.net/compose/1357797546/

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)