「JIN-仁-」のメインテーマのエレクトーン演奏動画集

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

昔のTBS系ドラマ日曜劇場の「JIN ー仁ー」のメインテーマの演奏をまとめてみました。

エレクトーンは、どちらかというと動きがあって激しい曲に向いているイメージですが、この「仁」のメインテーマは対極でしょう。ゆっくりとテーマが流れる中に、表現力と歌い上げる力が必要になります。

エレクトーンの表現力というと、以下の3つが基本でしょう。

・エクスプレッションペダル~全体の音量の調整(右足)

 ・タッチトーン(鍵盤を弾く強さ、速さ)

 ・アフタータッチ(鍵盤を押しこむ強さ)

基本は、全体の音量を変化。これで全体の抑揚を出しますし、個別にタッチトーンとアフタータッチで、音色ごとに表現します。欠点としては、リズムの音量も同じように小さくなってしまうので、あまり極端に変化させてもおかしくなってしまう、なんてことを昔言っていた人がいました。

今はレジストを組むにもELS-02シリーズではほぼ無限(一応、16×5)に使えますから、その点はカバーできるでしょう。

1995年からのELシリーズがでるまでは、タッチトーンなどもかなり精度の粗い機能でしたので、使い物になるレベルになったのはELからでしょうか

以下、「JIN ー仁ー」のメインテーマの演奏動画です。 (以下、敬称略)

jackey

camerakko1214


occhi272009

Kanon510113

Takayuki Takase

826aska

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)