一人で同時に6パートの演奏も理論的には可能なエレクトーンw

おすすめ記事ピックアップ

0: エレクトーンちゃんねる 2016/03/08
エレクトーンは複数の音を同時に出せる。キーボード系の音の特徴と
して当然ではあるのだが。もちろん、電子楽器であるから、ピアノな
どのように無限に出るわけではないが、今の世代のものであれば発音
数を気にすることはない。むしろ、昔の機種であれば発音数に制限さ
れる機種も存在する。
それゆえ、金管楽器やバイオリンの音色を出す場合には、同時発音と
なれば、オーケストラなどで複数台で演奏するのと同じ効果がある
一方で、ソロの音として独立して発音したい場合もある。これを解決
するのが、エレクトーンでいうところの「リードボイス」(旧カスタム
ボイス)である。
通常の音色は、複数の音を同時に弾いても、全ての鍵盤で同じ音色と
なる。ところが、リードボイスは、通常は一番上の音階の音のみ発
音となり、それ以外の音階では発音しない。具体的には、ドミソの和
音を弾いたときに、一番上のソはリードボイスも発音するが、ドミ
については、通常の音のみの発音となる。
カスタムボイスはFX/FSの時代にさかのぼり、その頃から、主に単音
の発音楽器で使われてきた。HX/HS時代、EL時代を経て、現ステージ
アでも当然搭載されているが、リードボイスとして使える音群が2、
下鍵盤でも使える音群が3(うち、2つは元々足鍵盤用)あり、音色の幅
が広がる。
リードボイスをうまく使い分けることで、上鍵盤、下鍵盤、足鍵盤の
3群に加え、最大で6群を使えるのが今のステージアである。もちろん、
リードボイスは原則単音であるが、一人で6パートの演奏も可能である
とすれば、かなり演奏の幅が広がってくるものであろう

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)