黄金分割を音楽に持ち込んだ作曲家がいたらしいwww

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

383: ドレミファ名無シド 02/07/23 06:51 ID:EaRpu67M
誰か、バルトークとかの黄金分割についての
猿でも解るレクチャーをお願いしますですm(_ _)m
色々調べたんだけど、ちっとも解らん。

384: プロフェッサ・ロングヘア 02/07/23 06:58 ID:???
>>383
私はクラッシックは分からないから答えられないな。むしろDTM板の理論スレの方がクラッシック畑
の人が多そうだから、そっちで聞いたほうがよさそうだけどね。

386: ・・・ 02/07/23 07:47 ID:dyhr/oBU
>>384
大変ご苦労様と言いたいが
ホントに知りたい人には読み辛いかな
一気に書きすぎたと思うよ
僕も突っ込みたいところ有ったけど
これだけ膨大だと「おつかれさま」しかいえなくなる。

390: ドレミファ名無シド 02/07/23 11:24 ID:???

>>387>>388
意味わからん。
使うのかその音階なり和音を。

>>384
頑張ったなー。
でもそれ読んで理解できる奴はここには
質問しにこない気が激しくするな。

394: ドレミファ名無シド 02/07/23 13:19 ID:NSXaRJKM

>>>388
初めて聞いた言葉だけど、ぐぐったらでてきた。
例えばG-Cis-F-B-E-Aという神秘和音は
・倍音列から音を選択し、4度音程で重ねていく
・5度の音を下方に半音+上方に1音変位した属9和音
ということらしい。

スクリャービンはこの和音一発の曲も作ったらしい。

またこの和音をバラスとF-G-A-B-Cis-Eとなり、Fからはじまる
ホールトーンスケールのバリエーションと捉える事ができ、
モードを用いた作曲につかえるかもしれない。

>>390
レスしといてなんだが、>>>388にとって神秘和音なんてどうでもいいこと、
聞いてみただけだと思う。
でも、何気ない言葉から知識を深めることができるなら、それはそれでいいこと。

>>389
具体的にどの曲を指しているのか分からないけど、もーつあるとのせっついた
感じというのは、どういう音階や和声を使っているかというより、旋律の造り方、
展開のさせ方、リズム、音価じゃないか?

385: ・・・ 02/07/23 07:42 ID:dyhr/oBU
>>383
それは、音楽理論というより美学の問題じゃないのかな
平たく言うと楽節の応と答・旋律の応と答など
人間が美しいと感じる(と言うことになっている)黄金比にすること
・・・黄金比はA:B=A+B:Aになる比率
聞き手が感じ取れるわけも無く(説明が無ければね)
自分の作曲技法に取り入れても縛られるのがオチ

462: ドレミファ名無シド 02/07/25 01:46 ID:H9evtJdY

>>383

黄金分割ってのは

A:B = B:(A+B) になるような比率だな。
だいたい
1 : 1.6 ぐらい。この比率の長方形が美しいとされているらしい。

バルトークはこれを時間的分割(小節数)と音程に利用した(らしい)

黄金比分割に近くなるフィボナッチ数列ってのがあって、
1 1 2 3 5 7 12 19 31 50 81 131
(前の二つの数を足した数)
この割合で「弦楽器・打楽器・チェレスタのための音楽」の第1楽章
を作ったんだと、あとで音楽学者が分析して皆驚いた。
うろおぼえだが、たとえば、1楽章を131小節になるように作って、
一番の山場を81 + 50 の場所つまり82小節目になるようにして、
さらにいろんなフレーズの切れ目をそれぞれ同じように分割して
(前半81小節の大きな切れ目は50+31になるようにとか)
構成したんじゃな。ふつうの作曲家は16の倍数とかで
構成するけど、それがいやだったんだろ。

465: プロフェッサ・ロングヘア ◆iIDwYP16 02/07/25 02:30 ID:???
>>462
すみません、難しすぎて突っ込めないので、無視してしまいました(涙

387: 佃煮 ◆az7RUzJM 02/07/23 08:44 ID:???
ケルト音階の構成音を教えて下さい。

388: ドレミファ名無シド 02/07/23 09:52 ID:???
スクリャービンの神秘和音について
どなたか解説キボン

389: ドレミファ名無シド 02/07/23 11:19 ID:Cyi2OyfE
モーツァルト特有のあの疾走するようなせかされるような
音の解説おねがいします。

391: まほろまてぃっく ◆NaU5uQd. 02/07/23 11:25 ID:???

>>389
イ短調の曲が多いウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
代表的モードである教会旋法(チャーチモード)を使う達人。
バッハの2声インベンションや3声シンフォニアの影響も大。

彼の交響曲第40番は彼らしさ満点の名曲です。

引用元 : http://mimizun.com/log/2ch/compose/1024945642/

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)