ヤマハピアノエレクトーンフェアを覗いてみた結果【ピアノ編】www

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

ヤマハのフェア、2chでもたまに話題になりますが、要は展示会というよりは販売会。入口には最新のハイブリッドピアノ(トランスアコースティックピアノ)を初めとして数台、会場内には、現時点で販売されているほとんどのピアノ・エレクトーンが展示されていたのでしょうか。で、その周辺には商談テーブルが並び、営業さんとお話をされていると。もちろん、購入にいたるまでのお話です。ピアノやエレクトーンのミニコンサートもありますが、普通にあちこちで行われているデモンストレーションのような感じのものです。

☆受付☆

なので、単純に最新のピアノとかエレクトーンを見に行きたい、と思っていくと…何となく場違い的な感じを受けるかも。受付でも「なんでこの人来たの?」みたいなやりとりがあって不快。

本来は、受付に来たら、担当の営業の方を呼んできて、一通り一緒に見て回るようです。まあ、会場の建物にもパンフレットが置いてあって、それを見てくるひとも当然いるはずで…あまり営業色を出しすぎるのもどうかなあと。

☆ピアノデモンストレーション☆

入口すぐのところで、最新の技術を使った「トランスアコースティックピアノ」なるピアノの展示、デモの実演中。最近のピアノは、アコースティックピアノなのに「こんなことができる」というシロモノが多く、「消音できるピアノ」「他の演奏を流しながら一緒に演奏できるピアノ」という売りのピアノがありました。

消音できるのは便利ですよね。夜だからといってピアノを思いっきり弾けないのは悲しいこと。デジタルピアノであれば、もちろんヘッドフォンをつないで可能でしたが…これはきっと過去の話になるのですね。もちろん、純粋なアコースティックピアノであればムリなもの。トランスアコースティックピアノは、鍵盤が押されたときに音を出すのではなく、一度MIDI信号(音楽信号)に変換して、それを元に弦を振動させるという仕組みなので、消音というのは「弦を振動させない」というだけで実現できます。

また、MIDI信号なので、自分の演奏録音はもちろん、他の楽器での演奏データなどを元にして演奏できます。ここはエレクトーンの仕組みと似ている感じがします。ピアノにiPadをつないで実演していました。

☆ピアノエリア☆

デジタルピアノからグランドピアノまで、それぞれ何種類も展示されていて、圧巻でした。オーソドックスな黒いピアノから、家具と見間違えるような雰囲気の家具調のピアノもあり、時代を感じさせます。ただピアノ、というだけでは売れない、と。

ピアノのことはよく分かりませんが、時代に合わせて進化しつつあるのかな、と感じさせられました。大きい買い物なので、じっくりと見ておられるという感じがしました。

エレス
初めて行って見た感想。受付で「一応オレもお客様だろ」と怒鳴ってみようかとおもた。エレクトーンについては、次回www

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)