クラシックの演奏家も実際にはポピュラー演奏家とは比較にならないほどの高い即興能力がある

スポンサーリンク

おすすめ記事ピックアップ

957: ドレミファ名無シド 02/09/06 00:16 ID:???
じゃあもしも漏れが和声法だけちゃんと勉強すれば「音楽の捧げもの」レベルの曲が書ける?

958: ドレミファ名無シド 02/09/06 00:21 ID:???

>>957
さぁ・・・・  はもねぷみたいなものを・・・等の特定の目的では955や956の言うことは
成立するかもしれないが、常に成立するわけでもなし。

それぞれ目的が異なるものなんだから、適した選択というのはあると思うぞ。

961: ドレミファ名無シド 02/09/06 00:40 ID:Zfz+I/8W

>>957
和声法を極めようとすると、対位法が必要になり、対位法を極めようとすると和声法が必要になる。
まあ、そういう感じ。

例えば、その関係を音楽的に示すとなると…
まあ、同時に発音する音は2個で16小節の曲を作るとしよう。
これに、4分の4拍子で、全音符しか使用してはいけない、という限定をつける。

すると、一方はベースとして機能し、もう一方は旋律として機能することになるが、
音楽としてまともに聴くに堪えうるものにするのは、工夫が必要だよね。

和声法と対位法の原点はそんなものだったわけで。

963: ドレミファ名無シド 02/09/06 00:47 ID:Zfz+I/8W

>>961の課題が出来たら、じゃあ、同時発音数をもっと上げてみようかと考える。
3つ、4つ、5つ、6つ、7つ、8つ、とどんどん増えていくわけだ。
しかし、増えた音に一つ一つ存在意義がなくてはならないわけだよね。
もっとも心地よく響く音の配置を考えよう、と考える。それが和声法の発展に繋がる。

また、全音符しか使用してはいけない、という限定もムカついてくる。
やっぱ旋律が聴きたいんだよオレは、と考える。
しかし、旋律にしたら旋律にしたで、心地よい音の響きを汚さないような旋律を作らない
といけない。それが対位法の発展に繋がる。

で、そろそろ同じ音に飽きてきたな、と考える。
それが管弦楽法へと繋がる。

964: プロフェッサハゲ ◆iIDwYP16 02/09/06 00:50 ID:???
>>963
どうぞ続けて下さいな。

966: ドレミファ名無シド 02/09/06 01:13 ID:???
>>961 >>963
何となく理解できます。
音楽史も勉強した方がいいのかなあ。

968: プロフェッサハゲ ◆iIDwYP16 02/09/06 01:31 ID:???

あら。管弦楽法の話マジで期待してたんだけど。
ちょっとスレと関係無くて申し訳無いけどクラッシックに強そうな人が居るので質問。

クラッシックはなぜ即興性が無くなったのかって話題を知り合いとしてたんですが、なぜ?
バッハやモーツァルトはやってたと良く書いてあるのを見るんだけど。

971: ドレミファ名無シド 02/09/06 02:03 ID:NQQo+5QW
>>968
ショパンとか、即興を採譜してちょこっと練ってみましたって感じじゃない?

975: プロフェッサハゲ ◆iIDwYP16 02/09/07 00:01 ID:???
>>971
>>973
>>974
レスどもども。クラッシックは完璧主義みたいなものがあったんですかねぇ。
録音技術が無かったからこそ即興音楽が廃れたとも考えられますが、いやいや
天才の即興を聞いてみたかった。

974: ドレミファ名無シド 02/09/06 09:27 ID:???
即興を細かく採譜してテーマにして演奏するってのは、ジョーザヴィヌル
は今でも頻繁にやってますね。さすが元ウィーンの神童と言われた男。

976: ドレミファ名無シド 02/09/07 03:26 ID:???
作曲家は即興もできるんじゃないのかなあ。
演奏専門の人は苦手かもしれないが。

977: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:14 ID:???
ところで、コンチェルトにはカデンツァ(終止形とは別の意味のもので)ってのが
ありますよね。最近の演奏家は即興しないのが当たり前なんでしょうか?

979: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:17 ID:???
作曲者が即興と指定した部分でも即興しないなんてとんでもないことなのでは?

984: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:27 ID:???

ただなぁ、オケみたいに大人数のアンサンブルとなると、ソロのパート以外で
各自が勝手にそれ(即興)やられるととんでもないことになるぞ。

ソリストのみがやるってことになる。

986: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:32 ID:???
>>984
当たり前だーね。ビッグバンドで周り無視して即興やってるヤシいねー

987: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:34 ID:???
>>986
で、クラシック奏者でソロをとれるヤシなんてそんなにいねーぞってことだ。

988: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:37 ID:???
>>987
クラシックでもジャズでも同じでしょ。膨大なフレイズと音の組み合わせの蓄えを持っている。

990: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:43 ID:???

>>988
いわゆるクラシック奏者が、それをやることはできるかもしれんが、それを発揮する機会がそんなにないってことだあね。 まぁ、ジャズもそうかもしれんが・・・・

リア工やリア厨に限定したら、バンドやってる連中>水槽連中 なんてことは言えるかもしれん。

989: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:40 ID:???
クラシックの演奏家も実際にはポピュラー演奏家とは比較にならないほどの高い即興能力がある。
能ある鷹は爪を隠すってやつだな。

991: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:44 ID:???
>>989
爪を隠しているかどうかは判らないが、練習量が半端じゃないからね。

992: ドレミファ名無シド 02/09/07 04:46 ID:???
一生隠しつづける人と無能な人はどうやって区別すればいいのですか?

引用元 : http://mimizun.com/log/2ch/compose/1028132389/

よく読まれている記事はこちら

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)